2007年07月10日

海上自衛隊平成19年度イベントスケジュール 他

あまりパッとしませんが、海自のイベントです。

四方を海に囲まれた海洋国家日本にとって、海上兵力の配備を怠ることはできません。国と国が陸続きの場合その国境線沿いに兵力の配備をするわけで、日本の場合海の上が国境となります。
また、日本という国は食料や石油・石炭など資源の乏しい国で、特に石油など国内で使用するエネルギーのほぼ100%を海外に依存しています。この石油などの輸入品を輸送する海上の経路をシーレーンと呼び、このシーレーンの上をタンカーや貨物船などが安全に航行できるか否かによって、日本国内での私たりの生活までをも左右するとまで言われています。
事実、日本人の食卓に並ぶ豆腐も蕎麦も「シーレーンの賜物」といわれ日本の輸入依存度の高さを象徴しています。

海洋国家にとってシーレーンの安全保障は最重要課題となります。
この一翼を海自が担うことになりますが憲法9条など制約上、実際の戦闘行動は海上保安庁が行うことになっているみたいです。テレビなどのマスゴミを通して公開された北朝鮮不審船との銃撃戦はまだ記憶に新しいところです。

ということで、海上保安庁のみなさま、ご苦労様ですm(_ _)m。

もちろん知ってます、毎朝厚木飛行場を飛び立ったP3Cが北の空に消えていくのを・・・(って誰に言ってんだか)。
海上自衛隊のみなさまもご苦労様ですm(_ _)m。
posted by 防衛本部 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ERROR: NOT PERMITED METHOD: name
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4659996
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ハロー・ワールド
Excerpt: 適当にやっていきます。
Weblog: 一蓮托生・呉越同舟 (技術室)
Tracked: 2007-07-10 11:45