2008年09月16日

念のため

某所より引用。

世界恐慌が起こって余剰労働者が世界規模であふれたときは世界規模での飢餓疫病戦争による人員整理、人口調整が始まる。だいたい世界恐慌が始まった時点で死ぬ人数はおおよそ決まっていた。あとは地球上で誰が死ぬかだ。トランプのババ抜き、マイナス・サム・ゲームだ。

そんなとき日本が何の戦略も組まず手をこまねいていると経営が傾いた企業がパートタイマーやアルバイトを簡単に首にし正社員を守る行為と同じように日本だけがヤギの生贄(いけにえ)として列強の人口調整の調節弁となり日本国民の首が切られる。

かつてアメリカをはじめ白人列強国は世界恐慌の後に日本人の生命線である石油、スズ、鉄鉱石など死活資源を積んだ商船ルートを東南アジアで海上封鎖し日本人そのものの生活を破綻させ数々の無理難題を押し付け日本人全員を皆殺しにする計画を実行した。

列強は日本人だけに世界恐慌後の人口調整の負債を押し付けたのだ!

そのあと追い詰められた日本はたまらず自衛のために真珠湾攻撃をした。

そこまで追い詰められる前に将来の日本は安全保障上の戦略を独自で企画しなければならない。国連安保理拒否権を手に入れるため常任理事国に入り核武装をしなければならない。核さえ保有していれば他国の食い物にされ犠牲者になる不安に恐れることなく外交ゲームの主導権を持つプレイヤーにもなれる。実際は日本が核を持っているだけで核が外交上の「魔除け」となり人口調整の犠牲になる対象国リストから自動的に日本が外される。


ということなのですが如何なものでしょうか?
この記事へのコメント
>列強は日本人だけに世界恐慌後の人口調整の負債を押し付けたのだ!
 
そういう見方もあるとは思いますが、私は“出る釘は打たれる”という認識です。
スポーツの世界と一緒で、「最近、日本って調子にのってね?」
「一回締めるか?」
みたいなね・・・
その後は論理武装するだけ。
イラクと一緒ですねw。
 
官僚の答弁に代表されるような、普通の日本人には意味不明な日本語。
あんな事が許されている限り、常任理事国入りや核保有など絶対無理。
 
引用されている文章の考え方は、北朝鮮みたいねw。
個人的にはこのぐらい極端な意見は嫌いじゃないですけどw。
Posted by ハシバ at 2008年09月16日 21:04
>最近、日本って調子にのってね?
 水泳の「バサロ」とかスキーの「ジャンプ用の板」とか、
 いろいろあります。

>常任理事国入り
 国際連合憲章第53条、第107条、所謂「敵国条項」ですけど、
 未だ日本は枢軸国ということが明文化されてます。
 「喧嘩は勝利して終わらないと駄目なのヨ」
 ということで国際連合的に日本は未だ敵国です。

>北朝鮮
 考え方を変えると
 「未だ枢軸国として欧米諸国と戦っている」
 という向きもあります。
 親子共々ブッシュさんがよく言ってました「悪の枢軸」って。
 この限りにおいて、「日本もイラクや北朝鮮と同列では?」ということで
 「欧米諸国は日本に対して心の奥底でそんな風に思っているんじゃね?」
 なんて憶測も浮かんでしまいますが、きっと金蔓ぐらいにしか考えていません。


先の大戦は、「中国大陸における英米の覇権争いに日本というか関東軍が都合良く引っぱり出され、それが大きくなっちゃったーwwwみたいーw」なんて感じで、英米の覇権争いと言っても出来レース的でかなり胡散臭いわけで結果的に見ると「覇権の移譲じゃね?」というワケで「いっそのことガラガラポンしちゃおーぜ!」ということで、新しい秩序(冷戦構造)を生み出すための前準備段階だったように思え無くもありません。

ま、いずれにしましても、「オマエ等はオレ達の言うこと聞いてりゃいいんだyo!」的な発想なのでしょう。
Posted by 本部 at 2008年09月17日 10:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19433486
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック